切手の買取を申し込みたい場合の注意点とは何か?

切手の買取りが出来るお店の種類と注意点

切手の買取りが出来るのは切手専門店を初め、ブランド品などの買取りを行っている専門のお店、金券ショップ、中には質屋さんなどでも骨董品と同じく切手の買取りをしているケースも在り、切手を売りたい人にとって色々な選択肢が在ると言えましょう。 しかし、切手の買取りを利用する場合、どのような切手でも買取りをしているお店も在れば、シート単位のみしか買取り対象としていないケースが在ります。 シート単位となった場合は、バラ品の切手は対象外となってしまうため、お店を選ぶ時には注意が必要です。 因みに、切手の買取りは未使用品が対象になっていますが、使用済みの切手が大量に有る場合など、ネットオークションを利用する方法や寄付をすると言った方法も在ります。

切手は保管してある状態のままで査定を受けるのがお勧め

切手の買取りを利用する時、ストックブックに切手が収められている場合には、そのままお店に持ち込むか、宅配便を利用してストックブックごと送るのがお勧めです。 ストックブックに入れた状態にしておけば、切手が折れてしまう事も無くなりますし、切手の裏面についている糊が他の切手の表面に貼りついてしまう、もしくは裏面同士がくっついてしまう事を防止する事が出来ます。 また、切手を保管する時の方法としてヒンジを利用する方法が在りますが、この場合もそのままの状態で査定に出すことで、切手の査定を行う時にスムーズに行えるなどのメリットが在ります。 尚、チケットショップなどの場合、普通切手のみが対象になっているケースが在るので、事前に売りたい切手を買取りしてくれるお店であるのか否かを確認しておくのが大切です。