自宅で未使用の切手を保管しているなら

切手収集をしていた時の切手が見つかった

切手ブームが起きた時代に切手収集をしていた人も多いかと思われますが、今では切手を集める事も辞めてしまい、切手も見る事も無くなった場合、切手はそのままにしておいても価値はありません。 また、切手の価値は年々低下していると言われており、中には切手の買取りを断れてしまう切手の種類も在ります。 例えば、切手の発行枚数が多く、市場の中にも大量に切手が溢れているものなどは、買取りをしても流通先が無いため、専門店での買取りを行っていないと言うケースです。 切手にはそれぞれ額面が記されており、切手を購入すると言う事は、額面分の郵便料金の先納をしている事でもあり、郵便料金としての価値が在ります。 しかし、買取りの中では額面を下回るケースも在るため、保管してるものが在り、不要な場合には買取りを利用して処分するのがお勧めです。

未使用切手の価値と額面について

未使用切手は郵便料金を先に納めている事を証明する事が出来ると言った特徴が在り、幾ら支払っているのかを示すのが切手に記されている額面です。 しかし、切手の買取りの場合、未使用切手の価値は額面を下回るケースと上回るケースが在るのが特徴で、切手の種類や状態などに応じて価値は変わります。 因みに、明治から昭和の初めにかけての切手の額面は1銭や10銭と言ったものや、1銭5厘と言ったものもあり、古い時代の切手は現存数が少ない事からも、額面の何百倍、何万倍もの価値を持つものも少なく在りません。 また、切手はバラ品よりもシート単位の方が価値が高く、同一の切手でもバラ品よりもシート単位の方が1枚当たりの価格が高くなるケースが多いなど、価値を見い出してくれるのが切手買取りを行っているお店の鑑定士です。